PINKDOT OKINAWA HISTORY

Pink Dot Okinawaの沿革

2013年に開催されたピンクドット沖縄は、日本初のピンクドットイベントとなり、800名の方々が集まりました。また、2014年には1,000名、2015年には1,200名の方が足を運んでくださり2016年には1,900名が参加、そして2017年には3,200人が参加するビックイベントとなっています。参加者は県内・国内に留まらず、海外からの参加も増えています。また、賛同されるスポンサー企業は2018年で71社と年々増えています。
引き続き、県内・国内からだけではなく、海外からも参加者が増えるよう、多くの賛同いただける企業様のご協力を通じて沖縄県全体でダイバシティを発信して参ります。

 

History of Pink Dot Okinawa

In 2013, 800 people gathered at Japan’s first ever Pink Dot event which was held in Okinawa. Then, 1,000 people turned out in 2014 and 1,500 in 2015, and in 2016 there were 1,900 participants. In 2017, it became a massive event with 3,200 people participating. Those who join the event are not limited to people from Okinawa and Japan, with the number of overseas participants increasing, too. Also, the number of approved companies who sponsor the event is increasing year by year, and in 2018 there will be 71 companies taking part.
Through cooperation with these numerous companies, the event hopes to increase the number of participants not just from Okinawa and Japan but also from overseas, bringing diversity to the whole of the Okinawan prefecture.

 

Pink Dot Okinawa歷史

2013年的Pink Dot Okinawa,是首次於日本舉辦的Pink Dot活動,當初聚集800多人參加。在這之後,2014年約有1000名、2015年約有1200名、到了2016年約有1900名參加,接著在2017年已約3,200名一同共襄盛舉Pink Dot活動。參加者不僅侷限沖繩縣內民眾,從日本本島錢來,甚至從海外前來參加的朋友也不斷增加。到2018年為止,支持且贊助的企業也成長至71間公司。
如同先前所提到的,參加者不僅是從沖繩縣內或日本本島前來,來自海外的參加者也增加不少,我們持續透過更多認同此理念的企業藉由合作把全沖繩的多元性一起推廣出去。